閲覧以外での当サイトのコンテンツの利用をお考えの方は必ず引用・転載・ネタ探しをするときのルールに目を通してください。

シナモンでパーキンソン病の進行をストップ?

(2014年7月) "Journal of Neuroimmune Pharmacology" に掲載されたラッシュ大学の研究により、シナモンがパーキンソン病に効く可能性が示唆されています。

研究の概要

マウス実験において、生体力学的・細胞的・解剖学的にパーキンソン病に類似する脳の変化をシナモンによって逆転させることに成功しました。 シナモンをエサに混入したマウスでは(おそらくシナモンを与えなかったマウスに比べて)、脳機能と運動能力が良好でした。

コメント

研究者は次のように述べています:
「シナモンは肝臓で安息香酸ナトリウムという物質へと代謝されます。 安息香酸ナトリウムは高アンモニア血症による肝代謝障害の治療薬として米国食品医薬局(FDA)に承認されています。 パーキンソン病の進行を止めるための安全な手段としてシナモンを利用できるかもしれません」