目の下のクマの原因と対策

睡眠不足だと目の下にクマ(*)ができると言われていますが、十分な睡眠を取っていても目の下にクマができている人は珍しくありません。
(*) 「クマ」とは肌などの色が黒っぽく見えること。 おそらく歌舞伎の化粧法である隈取(くまどり)に由来する言葉。
たいていの場合、目の下のクマは皮膚の下に存在する血管が見えているだけです。 眼の周辺は人体の中で皮膚が最も薄い(眼の周辺の皮膚の厚みは0.5mm。他の部分では2mm)ために血管が透けて見えやすいのです。
目の下のクマの原因
目の下のクマの原因のうち一般的なのは次のようなものです:
  • 疲労・ストレス
  • 眼精疲労
  • 肝臓が弱っている
  • 貧血(鉄分不足)
  • 先天的な体質(目の下のクマは遺伝する)
  • 皮膚の色素のムラ
  • 皮膚炎
  • 花粉症などで眼の周辺をこすったり掻いたりした
  • 長い時間にわたって泣いた
  • 日焼け
  • 老化により皮膚が薄くなり、肉付きが落ちた
対策
目の下のクマがひどくない場合には以下が有効かもしれません:
  • 冷やす。 冷却材をタオルなどの布に包んで目の下に押し当てます。
  • 枕を少し高くしてみる。 寝ているときの頭の位置が低いと、体液が溜まって目の下にクマができやすくなります。
  • 十分に睡眠を取る。 睡眠不足それ自体が目の下のクマの原因になることは少ないのですが、睡眠不足によって血色が悪くなり目が落ち窪んだように見えるために目の下のクマが目立ちます。
目の下のクマがひどい場合には医師に相談してみましょう。 目の下のクマに効く塗り薬を処方してくれます。 目の下のクマを解消するためのレーザー治療や美容外科手術も存在します。