ココナッツ・オイルと運動の組み合わせが血圧降下に有効?

(2015年2月) "Applied Physiology, Nutrition, and Metabolism" 誌に掲載されたパライバ連邦大学(ブラジル)の研究によると、血圧を下げるのにココナッツ・オイルと運動の組み合わせが有効です。 この組み合わせによって血圧反射機能(圧反射感受性)が回復して酸化ストレスが減少するために、血圧が下がるというのです。

研究グループが本態性高血圧のネズミを用いて行った実験において、ココナッツ・オイルと運動のいずれでも血圧が下がりましたが、両者を組み合わせると正常血圧の水準にまで血圧が下がりました。 平均動脈圧(MAP)は次のようなものでした(p < 0.05):

  • 普通のネズミ+食塩水 ― 113±2mmHg
  • 高血圧ネズミ+食塩水 ― 175±6mmHg
  • 高血圧ネズミ+ココナッツ・オイル ― 148±6mmHg
  • 高血圧ネズミ+運動 ― 147±7mmHg
  • 高血圧ネズミ+ココナッツ・オイル+運動 ― 134±8mmHg

ココナッツ・オイルと運動の組み合わせによる血圧降下は、血圧反射機能の改善と血液・心臓・大動脈における酸化ストレスの減少によるものだと思われます。

研究グループは今後、臨床試験で今回の結果を確認する予定です。