コーヒーに糖尿病を予防する効果(4/4)

(2016年4月) "European Journal of Nutrition" に掲載されたサウス大学(米国)などによる小規模なレビュー(*)でも、コーヒーに2型糖尿病を予防する効果があるという結果になっています。

(*) 過去に行われた複数の研究のデータを総合的に分析する研究。
研究の方法

過去10年間のうちに発表された様々な動物実験・生体外実験・疫学的研究のデータを用いて、コーヒーの飲用習慣と体重増加や糖尿病発症リスクとの関係を調べました。

結果

各種の研究データから、コーヒーを毎日3~4杯飲むことで2型糖尿病のリスクを減らせると考えられます。

コーヒーの常飲により2型糖尿病のリスクが減るのは、コーヒーに豊富に含まれているクロロゲン酸とカフェインのお陰であると思われます。