コーヒーの飲用習慣がある女性では子宮内膜ガンのリスクが低下

(2015年2月) "Cancer Epidemiology, Biomarkers & Prevention" 誌に掲載されたインペリアル・カレッジ ロンドン(英国)の研究で、コーヒーの飲用習慣がある女性は子宮内膜ガンになるリスクが低いという結果になりました。

研究の方法

2つの大規模試験から抽出した女性 2,800人超のデータを用いて、84種類の食品・栄養素の摂取量と子宮内膜ガンのリスクとの関係を調べました。

結果

一方の試験では1日あたり37オンス(1,100cc程度)のコーヒーを毎日飲んでいる女性では子宮内膜ガンのリスクが18%低下していました。 もう一方の試験でも、26オンス(780cc程度)のコーヒー飲用で同程度のリスク低下が見られました。

コーヒー以外の食品や栄養素(ビタミンやミネラルこのとでしょう)と子宮内膜ガンのリスクとのあいだには、このような関係は見られませんでした。

今回の研究では、カフェイン抜きのコーヒー(デカフ・コーヒー)とカフェインが入った普通のコーヒーとの区別をしなかったため、子宮内膜ガンのリスク低下にとってどちらが有益かは不明です。