コンテンツの利用をお考えの方は引用・転載をするときのルールをご確認ください。

胆嚢ガン予防にコーヒーが効果あり?

(2017年4月) "Journal of the National Cancer Institute" に掲載されたカロリンスカ研究所(スウェーデン)の研究によると、胆嚢(たんのう)ガンの予防にコーヒーが役立つかもしれません。
胆嚢は肝臓の下にある臓器です。 胆汁を濃縮し貯蔵します。
研究の方法

ガンではない45~83才のスウェーデン人男女7万人超のコーヒー飲用量を調べたのち、平均で13年間ほどにわたり胆嚢ガンの発生状況を追跡調査しました。

結果

追跡期間中に74件の胆嚢ガンが発生しました。

コーヒー飲用量が4杯以上のグループでは、胆嚢ガンになるリスクがコーヒー飲用量が1杯以下/日のグループに比べて59%低くなっていました。

1日のコーヒー飲用量が2杯や3杯のグループでもリスクが下がる傾向が見られましたが、統計学的な有意性に問題がありました。
2杯よりも3杯のほうが統計学的な有意性に近づいていました。
関連情報
これまでの研究でコーヒー飲用量が多い人は胆石のリスクが低いことが示されていますが、胆石は胆嚢ガンの強力なリスク要因です。