「最新健康ニュース」のコンテンツを閲覧以外で利用する方は「引用・転載・ネタ探しをするときのルール」をご覧ください。

コーヒーに痛風を予防する効果

(2016年7月) "*BMJ Open*" に掲載された中国の研究(システマティック・レビュー)によると、コーヒーに痛風を予防する効果を期待できるかもしれません。出典: Is coffee consumption associated with a lower risk of hyperuricaemia or gout? A systematic review and meta-analysis

レビューの方法
コーヒーの飲用と血清尿酸値・痛風・高尿酸血症との関係を調べた11の観察研究(*)のデータを分析しました。
(*) 横断研究が6つ、コホート研究が3つ、ケース・コントロール研究が2つ。
結果
血清尿酸値・高尿酸血症

血清尿酸値と高尿酸血症については、コーヒー飲用量との間に統計学的に有意な関係は見られませんでした。

痛風

米国の男性約4万6千人および女性約9万人のデータを分析したところ、コーヒー飲用量が多い人で痛風のリスクが下がっていました。 コーヒーを飲む習慣が無いグループに比べ、コーヒーを毎日6杯超飲むというグループでは痛風になるリスクが57%低くなっていました。

解説
痛風の予防にコーヒーが有効かもしれませんが、行われた研究の数が少ない(2つだけ)ので現段階では明確なことは言えません。