コーヒーを飲む習慣がある人では早死にのリスクが低下④

(2019年3月) "Circulation Journal" に掲載された大阪大学などによる研究で、コーヒーをよく飲む人は死亡リスクが低いという結果になりました。

研究の方法

日本の3つの府県に住む40~79才の人男女8万3千人弱を対象に、コーヒー飲用量(*)を調べたのち平均で10年間超にわたり生存状況を追跡調査しました。
(*) 飲まない、ときどき飲む、1~2杯/日、3~4杯/日、5杯以上/日

結果

追跡期間中に1万4千人弱が死亡しました。 「コーヒーを飲まない」場合に比べて、次のように総死亡リスクが低下していました:

男性

「3~4杯/日」の場合、5杯以上/日
  • ときどき: -15%
  • 1~2杯/日: -24%
  • 3~4杯/日: -26%
  • 5杯以上/日: -27%

女性

  • ときどき: -9%
  • 1~2杯/日: -18%
  • 3~4杯/日: -27%
  • 5杯以上/日: -17%(有意性なし)