コーヒーをよく飲む人は死亡リスクが低い

(2018年11月) "American Journal of Clinical Nutrition" に掲載されたナバラ大学(スペイン)などによる研究で、コーヒーをよく飲む人は死亡リスクが低いという結果になりました。
Adela M Navarro et al. "Coffee consumption and total mortality in a Mediterranean prospective cohort"

研究の方法

スペインに住む男女2万人弱を対象に、コーヒーの飲用量などに関するアンケート調査を実施したのち平均で10年間ほどにわたり生存状況を追跡調査しました。

結果

追跡期間中に337人が死亡しました。

コーヒーを飲む量が2杯/日増えるごとに死亡リスク(死因を問わない)が22%低下していました。 55才以上に限ると、33%のリスク低下でした。