コーヒーを飲む習慣がある人では早死にのリスクが低下③

(2017年7月) "Annals of Internal Medicine" に掲載されたハワイ大学などの研究によると、コーヒーが早死の予防に有効かもしれません。

研究の方法

45~75才の日系米国人・白人・ラテン系米国人・黒人・ハワイ系米国人・18万人超のコーヒー飲用量をアンケートで調査したのち、平均16.2年間にわたり死亡状況を追跡調査しました。

18万人超のうち日系米国人が29%、白人が25%、ラテン系米国人が22%、17%が黒人、ハワイ系米国人が7%でした。

結果

追跡期間中に6万人弱が死亡しました。

コーヒーを飲む習慣がなかったグループに比べたときの死亡リスク(死因は問わない)が、コーヒーを1杯/日飲むグループでは-12%、コーヒーを2~3杯/日飲むグループとコーヒーを4杯以上/日飲むグループでは-18%でした。

コーヒーの種類別

カフェインを除去していない普通のコーヒーもカフェインを除去したデカフ・コーヒーも、リスクの下がり方は同じようなものでした。

人種別

人種別に分析したところ、ハワイ系米国人でのみコーヒー飲用習慣と死亡リスクとの関係が統計学的に有意な水準に達しませんでした。

死因別

死因別では、コーヒー飲用習慣がある場合には心臓病・脳卒中・ガン・呼吸器疾患・糖尿病・腎臓病で死亡するリスクが下がっていました。