閲覧以外で当サイトのコンテンツを利用する場合には必ず引用・転載・ネタ探しをするときのルールに目を通してください。

コーヒーや煙草にパーキンソン病を予防する効果?

(2017年10月)"International Archives of Medicine" に掲載されたケンブリッジ大学などの研究で、コーヒーや煙草を嗜む人はパーキンソン病であることが少ないという結果になっています。

研究の方法

スリ・ランカに済むパーキンソン病患者229人と神経変性疾患以外の患者102人を対象に、生活習慣に関するアンケート調査を行いました。

結果

コーヒーを飲む習慣がある場合には74%、喫煙習慣がある場合には61%、それぞれパーキンソン病のリスク(オッズ比)が低いという結果でした。 コーヒーを飲む習慣がある人はパーキンソン病を発症する年齢が遅いことも明らかになりました。

これまでに世界の他の地域で行われた複数の研究でも今回と同様の結果となっています。 コーヒーやタバコにパーキンソン病を予防する何某かの効果があるのかもしれません。