コエンザイムQ10の疲労感への効果(メタ分析)

(2019年4月) コエンザイムQ10(CoQ10)の疲労感への効果を調べたメタ分析が "Complementary Therapies in Medicine" 誌に掲載されています。
著者: Sanaz Mehrabani et al.
タイトル: Effect of coenzyme Q10 supplementation on fatigue: A systematic review of interventional studies

メタ分析の方法

CoQ10の疲労感への効果を調べ 2018年4月までに発表された 1,316の研究の中から所定の基準を満たす16の研究を選出し、それらのデータを分析しました。

結果

16の研究のうち10の研究で、CoQ10が健康な人や、スタチン(コレステロール低下薬)服用者、線維筋痛症・多発性硬化症・末期心不全の患者の疲労感の軽減に効果があるという結果でした。

CoQ10はスタチン服用者と線維筋痛症患者の疲労感軽減において効果が比較的高いようでした。

ただし、被験者数がもっと多く試験期間がもっと長い臨床試験を複数行って、CoQ10の疲労感軽減効果を確認する必要があります。