クロールで泳ぐときのストロークはS字型とI字型どちらが優れているか?

(2016年1月) "Journal of Sports Sciences" に掲載された筑波大学などの研究によると、効率が重視される中~長距離を泳ぐときにはS字型ストロークが優れており、効率よりも速度が優先される短距離を泳ぐときにはI字型ストロークが優れています。

クロールのS字ストローク

クロールで泳ぐときに水中で手をS字型の軌跡を描くように動かす(S字型ストローク)のか直線的に手を動かす(I字型ストローク)のが良いのかが水泳界で長らく議論されてきました。

今回の研究では流体力学的なデータを用いて、この問題に答えを出しました。