閲覧以外で当サイトのコンテンツを利用する場合には必ず引用・転載・ネタ探しをするときのルールに目を通してください。

クローン病とは

クローン病は胃腸に炎症を特徴とする異常が生じるという病気で、一生にわたって慢性的に寛解と再発を繰り返します。 クローン病は胃腸のどのような場所にも生じますが、最も一般的な発生箇所は小腸の末端から結腸が始まる部分にかけてです。

症状

クローン病の症状は、しつこい下痢・直腸からの出血・腹部けいれん・腹痛・便秘・疲労感などで、多くの患者は生活の質(QOL)の低下・欠勤・入院・手術などに苦しみます。

原因
クローン病の原因は明確にはわかっていませんが、免疫機能・遺伝・環境などの要因が関与していると考えられています。 免疫系が無害な腸内細菌を攻撃するために慢性的な炎症が起こるのがクローン病の原因だとする説が有力です。
Copyright (c)2013-2017 最新健康ニュース All Rights Reserved.