男性の累積的な飲酒量と脳卒中になるリスク

(2019年5月) "Journal of Neurology" に掲載された中国の研究で、男性の飲酒量と脳卒中になるリスクとの関係が調査されています。
著者: Yuxiang Duan et al.
タイトル: Cumulative alcohol consumption and stroke risk in men

研究の方法

中国に住む男性 23,433人を対象に、2006年、2008年、および 2010年の3回にわたり飲酒量を調べ、2010~2016年にかけて脳卒中の発生状況を追跡調査しました。

結果

追跡期間中に678件の脳卒中が発生しました。 このうち595件が虚血性脳卒中(脳梗塞)で、90件が脳内出血(出血性脳卒中)でした。

3回における飲酒量調査トータルの「飲酒量が非常に多い」グループは「お酒を飲まない」グループに比べて、脳卒中になるリスクが50%増加していました。 同様の比較で、「飲酒量が中程度」のグループでは49%、「飲酒量が少ない」グループでは23%のリスク増加でした。

虚血性脳卒中に限った分析でも同じような結果でした。

脳内出血に限った分析では、飲酒量と発症リスクの間に関係が見られませんでした。