閲覧以外で当サイトのコンテンツを利用する場合には必ず引用・転載・ネタ探しをするときのルールに目を通してください。

乳製品を摂る習慣がある子供は喘息のリスクが低い

(2017年9月) "Journal of Asthma" に掲載された研究で、乳製品を習慣的に摂っている子供には喘息少ないという結果になりました。

研究の方法

3~16才の喘息の子供300人と健康な子供1千人弱の食生活を調べて、食生活と喘息の関係を分析しました。

結果

乳製品

乳製品を摂る習慣がある子供は、乳製品を摂る習慣がない子供に比べて喘息のリスクが次のように低下していました:
  • 乳製品を摂る頻度が週に2回未満: -71%
  • 乳製品を週に3~6回摂る: -86%
  • 乳製品を週に毎日摂る: -84%

赤身肉

赤身肉を毎日食べる子供は、赤身肉を食べる習慣がない子供に比べて喘息のリスクが2倍(+100%)でした。

ナッツ類

ナッツ類を週に2回未満食べる子供は、ナッツ類を食べる習慣がない子供に比べて喘息のリスクが40%低くなっていました。