閲覧以外で当サイトのコンテンツを利用する場合には必ず引用・転載・ネタ探しをするときのルールに目を通してください。

高血圧を予防するための食事法が痛風の予防にも有効かもしれない

(2016年8月) 米国の大学が行った研究によると、高血圧を予防するためのDASHダイエット(*)と呼ばれる食事法(*)が痛風の発作の防止にも有効かもしれません。 DASHダイエットにより尿酸値が下がっていたのです。

(*) DASH(Dietary Approaches to Stop Hypertension)ダイエットでは、野菜・果物・全粒穀物 ・ナッツ類・豆類を積極的に食べ、赤身肉・糖類・塩分を控えめに食べ、低脂肪の食事を心がけます。

DASHダイエットは、血圧を下げる効果とLDLコレステロールを下げる効果が認められており、心臓や血管などの健康に良いとして推奨されています。
研究の方法

DASHダイエットの健康への効果を調べた20年ほど前の臨床試験のデータを分析しました。 この臨床試験では、軽~中程度の痛風の患者400人超を2つのグループに分けて、一方のグループにはDASHダイエットを、そしてもう一方のグループには米国人の一般的な食生活を、それぞれ3ヶ月間にわたり続けてもらいました。

結果

DASHダイエットを続けたグループ全体では尿酸値が0.35mg/dLほど下がっていました。

0.35mg/dLという低下幅はさほどのものではありませんが、試験開始前の尿酸値が最も高かった(7mg/dL超えていた)グループに限ると、DASHダイエットを3ヶ月間継続することで尿酸値が1.3mg/dLほども下がっていました。

参考までに、アロプリノールなどの尿酸低下薬で下がるのは2mg/dLほどです。