親に体重のことをとやかく言われた娘は成人後に自分の体重に不満を抱く

(2016年6月) "Eating and Weight Disorders" 誌に掲載されたコーネル大学の研究によると、娘に体重のことをとやかく言っていると、娘が成人後にも体重の悩みに捉われたままとなってしまいます。

研究の方法

20~35才の女性500人ほどに、①自分自身の体型についてどのように感じているかを尋ね、さらに、②子供の頃に両親にどれくらい頻繁に体重のことをとやかく言われたかを思い出してもらいました。

結果
主な結果は次の通りです:
  • 普通体重の女性は過体重(軽度の肥満)の女性に比べて、子供の頃に自分の体重に関して両親に何かを言われた覚えがある率が27%少なかった。
  • 普通体重の女性は過体重の女性に比べて、「食べる量が多すぎる」と両親に言われた記憶がある率が28%少なかった。
  • 子供の頃に自分の体重に関して両親に何かを言われた覚えがある女性は、過体重である率が高かった。
  • 子供の頃に自分の体重に関して両親に何かを言われた覚えがある女性は、普通体重であるか過体重であるかに関わらず自分の体重に満足している率が低かった。
体重の客観的な数字に関しては「成人後に過体重の女性は子供の頃から太っていたから両親に体重のことを言われることが多かったのだろう」という推測を容易に思いつきますが、本人が自分の体重を気にするかどうかに関しては子供時代の両親の態度が原因かもしれませんね。
アドバイス
研究者によると、子供の体重が気になっても子供の体重を批判したり食事やオヤツの量を減らすべきではありません。 ナッツ類や野菜など満腹感を感じやすい健康的な食品を欲しがるように仕向けると良いでしょう。