閲覧以外でのコンテンツの利用をお考えの方は引用・転載をするときのルールをご確認ください。
Copyright (c)2013-2017 最新健康ニュース All Rights Reserved.

家庭でできる認知症の予防と対策 「生活編」

頭を使う

パズル・言葉遊び・記憶力の訓練などで頭を使うと、それが刺激となって認知症の発症を遅らせたり、症状を軽減できることがあります。 知的活動による認知症予防効果の効果は学歴が低い人ほど高いとする研究があります。

また、高齢になって脳に異常が生じてからでも、教育機関で教育(生涯学習など)を受け続けていると、認知機能の衰えが軽減される可能性があります。 勉強をすることによって脳の神経細胞のネットワークが強化され、それによってアルツハイマー病によって神経細胞が被ったダメージの分が補われるのだと考えられています。 脳を若々しく保つには新しい物事を学習し続けるとよいとする研究があります。

"Revista de Investigacion Clinica" に掲載されたスペインの研究(2014年4月)では、読書習慣があるグループと比較したときの認知機能が損なわれるリスクが、本を全く読まないグループでは3.7倍、時々しか本を読まないグループでは2.5倍であるという結果になっています。

睡眠

上述のスペインの研究では、睡眠時間が8時間を超える、または6時間に満たないグループでは認知機能が損なわれるリスクが、睡眠時間が6~8時間であるグループの2.6倍になるという結果も出ています。

"Journal of the American Geriatrics Society" (2014年5月)に掲載された米国の研究でも、中年期以降の睡眠時間が5時間以下または9時間以上の女性では、睡眠時間が7時間の人に比べて記憶力の低下が2才分早く進むという結果になっています。 この研究では、1晩あたりの睡眠時間が2時間を超えて変化した女性(例えば、それまで7時間寝ていたのが一時期から5時間しか寝ないようになったなど)では、そうでない女性よりも記憶力の衰え方が激しいことも示されました。

これらの研究以外にも、睡眠によってアミロイドβ(アルツハイマー病患者の脳に蓄積する毒性のタンパク質)が減るという研究や、睡眠の質が悪いと脳のサイズが小さくなるペースが速いという研究、睡眠障害がアルツハイマー病の兆候でないかという研究など、睡眠と認知症とが深い関係にあることが様々な研究で示されています。

運動

複数の研究で、運動が認知症の予防に有益であることが示されています。 UCLA Longevity Center の Gary Small 博士によると、運動によって酸素と栄養分が脳細胞十分に送り込まれるようになります。

"PLOS One"(2013年12月)に掲載された英国の研究では、運動をする・タバコを吸わない・適切な体重を維持する・健康的な食事をする・お酒を飲みすぎないという5つの健康習慣がいずれも認知症の予防において有益ですが、この5つの習慣の中で認知症予防の効果が最も強いのは運動習慣であるという結果になっています。

アルツハイマー病などの認知症を予防する目的で運動する場合には、中強度の運動(速いペースでのウォーキングなど)を1週間あたり150分程度行います。

ストレス解消

前出の Small 博士によると、瞑想・ヨガ・音楽鑑賞・数分間のリラックスなどによりストレスを解消するのが心身の健康にとって有益です。 Small 博士は次のように述べています: 「ストレスは脳の健康の敵であり、ストレス管理は非常に重要です」

歌を聴いたり歌ったりするのが認知症患者の認知能力改善に有効だとする研究もあります。

白内障を治療する

白内障を治療することによって認知症の症状まで軽減されるという結果になった研究があります。

その他
他にも、禁煙や適切な体重の維持するなどが認知症の予防に有効だとされています。 認知症のリスク要因である高コレステロール・糖尿病・高血圧・歯周病などに生活習慣の改善や薬の服用などできちんと対処するのも認知症の予防にとって有益です。