知覚過敏用ハミガキ粉の成分として効果を期待できるもの

(2018年5月) "Journal of Dentistry" に掲載されたメタ分析によると、歯の知覚過敏(以下「DH」)を軽減する歯磨き粉は有効成分によって効果が期待できるものと期待できないものがあるかもしれません。
Meng-Long Hu et al. "Effect of desensitizing toothpastes on dentine hypersensitivity: A systematic review and meta-analysis"

研究の方法

DH用歯磨き粉の効果を調べた53のランダム化比較試験のデータを分析しました。 データに含まれる被験者数は合計で5千人弱でした。

結果

以下を有効成分とするDH用歯磨き粉はDHの軽減に効果があるという結果でした:
  1. カリウム
  2. フッ化第一スズ
  3. カリウム&ストロンチウム
  4. カリウム&フッ化第一スズ
  5. カルシウムナトリウムりんけい(燐珪)酸塩
  6. アルギニン
  7. ナノ・ヒドロキシアパタイト

その一方で、ストロンチウム無定形リン酸カルシウムを有効成分とするDH用歯磨き粉は効果が無いようでした。


中国のハミガキ粉売り場

データの品質

無定形リン酸カルシウムを有効成分とするDH用歯磨き粉については「非常に低品質」のデータしかありませんでした。

ストロンチウムや、カリウム&ストロンチウム、カリウム&フッ化第一スズを有効成分とするDH用歯磨き粉のデータは「低品質」でした。

その他の5種類の物質を有効成分とするDH用歯磨き粉のデータは「中程度の品質」でした。

まとめ

DH用歯磨き粉のうちDH軽減の効果が期待できそうなのは次の5種類のいずれかを有効成分とするものであるということになります:
  1. カリウム
  2. フッ化第一スズ
  3. カルシウムナトリウムりんけい酸塩
  4. アルギニン
  5. ナノ・ヒドロキシアパタイト