抑鬱患者は体内が酸化している

(2016年3月) "Journal of Clinical Psychiatry" に掲載されたグラナダ大学の研究(メタ分析)によると、抑鬱は酸化ストレスにも影響します。 したがって、抑鬱は精神疾患というだけでなく全身性の疾患であるとも言えます。

研究の方法

これまでに発表された29の研究の 3,961人分のデータを用いたメタ分析を行いました。 29の研究というのは、抑鬱治療前後の抑鬱患者の体内における抗酸化物質(尿酸・亜鉛・スーパオキシドジスムターゼ酵素など)あるいは酸化ストレスの程度を示す物質(マロンジアルデヒドなど)の量を健常者のグループと比較した研究です。

結果

抑鬱の治療を受ける前の患者の体内には健常者よりもマロンジアルデヒドが多く抗酸化物質が少なかったのですが、抑鬱の一般的な治療により抑鬱が改善されると、健常者と変わらない水準にまでマロンジアルデヒドの量が減り、亜鉛と尿酸の量も正常な水準にまで回復していました。 スーパオキシドジスムターゼ酵素の量だけは回復していませんでした。

解説

抑鬱により心臓病やガン、早死になどのリスクが増加することが知られていますが、今回の発見はその説明につながる可能性があります。 また、抑鬱に酸化ストレスが関与している可能性や、抗鬱剤の効果が酸化ストレスや抗酸化物質を介して発揮されている可能性が考えられます。