鬱症状と全身的な炎症の両方が生じている男性は死亡リスクが高い?

(2018年9月) "Psychological Medicine" 誌に掲載されたユニバーシティー・カレッジ・ロンドンの研究で、男性に限り、鬱症状と全身的な炎症の両方が生じていると心血管疾患(心臓病や脳卒中)などで死亡するリスクが増加するという結果になりました。

鬱症状と炎症はいずれも、心血管疾患や死亡のリスク要因として知られます。

研究の方法

英国に住む52~89才の男女 5,328人を対象に、炎症マーカーの1つであるCRPの血中濃度と鬱症状の程度を調べたのち、平均7.7年間にわたり生存状況を追跡調査しました。

結果

CRP血中濃度が3~20mg/Lと高いうえに抑鬱症状も見られた男性は、(CRP血中濃度が低く抑鬱症状が見られない男性に比べて)総死亡リスクが2.4倍および心血管疾患で死亡するリスクが3.89倍でした。
  • CRP血中濃度が高いだけの男性では、この数字は1.49倍2.43倍でした。
  • 抑鬱症状が見られるだけの男性では、死亡リスクは増加していませんでした。
  • 女性では抑鬱症状やCRP血中濃度や死亡リスクとの間に関係が見られませんでした。