鬱症状が太る原因に?

(2013年12月) 太っている女性で鬱症状のリスクが増加することは知られていますが、"Journal of Behavioral Medicine" に掲載された米国の研究によると、逆に鬱症状によって肥満のリスクが増加する可能性もあります。

この研究では、743人の女性を対象にアンケートを実施しました。 アンケートの結果を女性たちのBMIと照らし合わせたところ、鬱症状がひどい女性ほど心理的な要因による過食(emotional eating)をする傾向が強く、BMIも高い傾向にありました。 さらに、鬱症状のある女性では運動習慣を続ける自信(exercise self-efficacy)が減少していました(運動をしても体重が減らないと思い込んでいた)。

今回の研究で対象となった女性たちでは、2005年に発生したハリケーン("カトリーナ")のために、鬱症状が生じている率が全国平均よりも高くなっていました。