糖尿病の治療では血糖値コントロールより大事なものが4つある

(2014年2月) "American Family Physician" 誌に、2型糖尿病の治療方針に関する論説が掲載されています。 この論説によると、糖尿病の治療において血糖値コントロールのプライオリティーが高いという考え方は時代遅れです。

この論説によると、糖尿病治療における優先順位は次の通りです:

  1. 禁煙
  2. 血圧コントロール
  3. メトホルミン療法
  4. 脂質削減
  5. 血糖値コントロール
著者の一人は次のように述べています:

「糖尿病の治療では血糖値コントロールが最重要事項だと思われていますが、1970年代から既に血糖値コントロールよりも他の治療法の方が効果の高いというエビデンスは出ていました」

「糖尿病の症状を抑えるためにある程度の血糖値コントロールは必要ですが、必死になって血糖値を正常値に近づけても苦労に値するほどは報われません」
別の著者は次のように述べています:
「他のリスク要因をおろそかにして血糖値だけをコントロールするというのは焼け石に水です。 根本的な対策とはならないのです」