寄生虫駆除の薬で糖尿病が完治?

(2014年10月) "Nature Medicine" 誌に掲載されたラトガース大学(米国)の研究によると、ニクロサミドという寄生虫駆除の薬を改造したもので2型糖尿病を根本的に治せるかもしれません。

既存の2型糖尿病用の薬はいずれも症状を抑えるものでしかありません。 胃バイパス手術で糖尿病が治ることがありますが、この手術は非常な肥満の人にしか行えず死亡などのリスクもあるため、大部分の患者にとっては現実的とは言えません。

インスリン抵抗性は肝臓細胞と筋肉組織に脂肪が過剰に蓄積するのを主因として生じます。 体組織が血液中のブドウ糖(血糖)を吸収してエネルギーとして用いるプロセスを脂肪が邪魔するためです。

そうして行き場をなくした血糖の大部分は血流中に蓄積します。 そして血糖の濃度が高くなると、体全体の組織が傷つけられて、失明や、腎臓損傷、心血管疾患などを引き起こすことがあります。

今回の研究

今回の研究ではマウス実験を通じて、肝臓の脂肪の量を安全に減らすための現実的な方法を模索しました。

そして見つかったのはニクロサミドを改造したニクロサミド・エタノールアミン塩(niclosamide ethanolamine salt、"NEN")という薬で、ミトコンドリア脱共役と呼ばれるプロセスにより肝臓細胞中の過剰な脂肪を燃焼させる効果があります。 ミトコンドリアは細胞の発電所であり、脂肪や糖などの燃料を適量だけ燃やして細胞を動かします。

研究グループは NEN を用いて、マウスの肝臓から脂肪を除去し、インスリンの働きを正常にして血糖値を下げることに成功しました。

解説
研究者は次のように述べています:

「細胞が自動車だとすれば、ミトコンドリアはエンジンにあたります。 NEN の作用は、エンジン(ミトコンドリア)を自動車のトランスミッションから切り離して(脱共役)、トランスミッションをニュートラルの状態にするようなものだと言えます」

「そして、その状態でアクセルを踏み込んでエンジンを目一杯働かせると、トランスミッションがニュートラルに入っているので自動車(細胞)は動かずに、燃料として脂肪が多過ぎる場合には、燃料(脂肪)がゼロになるまでエンジンだけが動き続けます」

「そうして細胞中から脂肪が無くなってしまえば、脂肪に邪魔されること無く、血流中の糖が正常に細胞内に入ることが期待できます」

インスリン応答性を回復するには、肝臓と筋肉組織における脂肪の干渉を排除するというのがカギとなります。 そうすることによって細胞が適量の糖を取り込むようにあり、最終的には糖尿病が完治すると考えられます。

この通りになるという確証は現段階ではまだ得られていませんが、研究者によると、マウス実験の結果を見る限りでは有望です。

肥満者だけでなく普通体重の人でも、2型糖尿病になる人はみな肝臓で脂肪が過剰となりますから、NEN の有効性が確定した暁には、あらゆる体重の糖尿病患者の治療に使える安全な薬となると思われます。