2型糖尿病の人はストレスに弱い

(2014年10月) "Proceedings of the National Academy of Sciences" に掲載された University College London などの研究によると、2型糖尿病患者ではストレスによる影響が通常よりも増加します。

この研究では、50~75才の2型糖尿病患者140人を、糖尿病ではない男女280人と比較しました。 両グループは、年齢・性別・収入において釣り合いが取れるようにしました。

比較の結果、糖尿病患者では、ストレス・テストの後に血圧・心拍数・コレステロール値が平常に戻る能力が衰えていただけでなく、唾液中のコルチゾールというストレス・ホルモンの量と、免疫応答に関与する IL-6(*) というタンパク質の血中量が増加を示していました。
(*) IL-6(インターロイキン6)は免疫系のタンパク質で、心臓病、脳卒中、喘息、関節炎、糖尿病、一部のガンなどの原因となる炎症の指標となります。 (ソース
ストレスによる緊張が人並み以上であるのが2型糖尿病の結果や原因であるというわけではありませんが、ストレスによる緊張が、体が安定的な内部環境を維持しようとするときに体に負担がかかる原因となっている可能性があります。