糖尿病患者はカリウムを多く摂ると腎臓・心臓の健康に良い

(2015年11月) 2型糖尿病の患者では腎不全と心臓病のリスクが増加しますが、 "Clinical Journal of the American Society of Nephrology" に掲載された滋賀医科大学の研究で、カリウムを豊富に含む食事が2型糖尿病患者の腎臓と心臓の健康に有益であるという結果になりました。

研究の方法

腎機能が正常な2型糖尿病患者623人を 1996~2003年から 2013年まで追跡調査しました。

結果

尿中に排出されるカリウムの量(カリウム摂取量を反映する)が多い患者ほど、腎機能の衰えが遅く、心血管疾患(心臓発作や脳卒中)になる率が低いという結果でした。

塩分摂取量と追跡期間中の腎臓・心臓の健康のあいだには関係が見られませんでした。