食生活の酸性度と慢性腎疾患のリスク(メタ分析)

(2019年4月) 食生活の酸性度と慢性腎疾患(CKD)のリスクとの関係を調べたメタ分析が "International Journal for Vitamin and Nutrition Research" に発表されています。
著者: Manije Darooghegi Mofrad et al.
タイトル: Dietary acid load, kidney function and risk of Chronic Kidney Disease: A Systematic Review and Meta-analysis of Observational Studies

概要

2018年1月までに発表された関連研究の中から所定の基準を満たす9つの観察研究を選出し、それらのデータを分析したところ、食生活の酸性負荷(dietary acid load)(*)が高い場合にはCKDのリスクが31%増加していました。

(*) 詳細は不明ですが、PRALやNEAPのことでしょう。