閲覧以外で当サイトのコンテンツを利用する場合には必ず引用・転載・ネタ探しをするときのルールに目を通してください。

抗酸化物質を多く含む食事をしている人はパーキンソン病になりにくい

(2017年9月) "Movement DIsorders" 誌に掲載されたカロリンスカ研究所(スウェーデン)の研究によると、βカロテンなどの抗酸化物質を多く含む食事がパーキンソン病の予防に有効かもしれません。

研究の方法

8万5千人の男女(4万人弱が女性)の食生活を調べてビタミンC・ビタミンE・βカロテンの摂取量を調べたのち、平均で15年間ほどにわたりパーキンソン病の発症状況を追跡調査しました。

結果

追跡期間中に 1,329人がパーキンソン病になりました。

βカロテン

βカロテンの摂取量が少ないグループに比べて摂取量が多いグループは、パーキンソン病になるリスクが男性では9%女性では14%それぞれ低下していました。

ビタミンE

女性に限り、ビタミンEの摂取量が少ないグループに比べて摂取量が多いグループは、パーキンソン病になるリスクが13%低下していました。

ビタミンC

女性に限り、ビタミンCの摂取量が少ないグループに比べて摂取量が多いグループは、パーキンソン病になるリスクが9%低下していました。

βカロテンが豊富な食品

βカロテンは、人参・ほうれん草・とうがらし・かぼちゃ・にら・マンゴー・メロン(果肉が赤いもの)・スイカなどに豊富に含まれています。
Copyright (c)2013-2017 最新健康ニュース All Rights Reserved.