食事脂肪のガイドライン

"Journal of the Academy of Nutrition and Dietetics"(2014年1月)において "Academy of Nutrition and Dietetics(栄養・栄養学会)" は以下を推奨しています:

  • 脂肪は体にとって必須の栄養素であるので、脂肪を全く摂らないというのはお勧めできない。

  • 健康な成人の場合、1日の摂取カロリーの20~35%を食事脂肪(食物から摂る脂肪。 ダイエタリー・ファット)で摂る必要がある。 (一方、糖分から摂るカロリーは10%以下に抑えることがWHOによって推奨されています。 参考記事: WHO が糖分摂取の推奨量を半分に引き下げ?

  • 食品ごとに含有される脂肪の種類が異なり、体に良い脂肪もあれば、体に悪い脂肪もある。 例えば、オメガ3脂肪酸は心臓や脳にとって有益だが、トランス脂肪酸は心臓に良くない。

  • 各種脂肪の摂取比率も健康や病気のリスクに影響すると考えられる。 オメガ3脂肪酸(不飽和脂肪酸)の摂取量を増やして、飽和脂肪酸(ラードなど肉類の脂肪や乳製品に多く含まれる)やトランス脂肪酸の摂取量を減らすのが良い。 (オメガ3脂肪酸とオメガ6脂肪酸の摂取比率も健康に影響するようです。 参考記事: オメガ3脂肪酸で染色体から若返る!?有機牛乳は普通の牛乳よりも脂肪酸比率が優れている

  • 単に脂肪の摂取量を減らして、その分だけ炭水化物の摂取量を増やすというのよりも、食事内容を全面的に見直すのが良い。

    具体的には、魚や、ナッツ類、脂身の少ない獣肉・鶏肉、低脂肪製品、野菜、果物、全粒穀物、豆類を積極的に食べると良い。 逆に控えるべき食品は、ジャンクフードやレトルトや調理済み冷凍食品などの加工食品である。