「最新健康ニュース」のコンテンツを閲覧以外で利用する方は「引用・転載・ネタ探しをするときのルール」をご覧ください。

食物繊維に乳ガン予防の効果

(2016年11月) "Oncotarget" 誌に掲載された杭州ガン病院(中国)の研究(メタ分析)によると、食物繊維が乳ガンの予防に有効かもしれません。

メタ分析の方法

食物繊維の摂取量と乳ガンのリスクとの関係について調べ 2016年3月までに発表された研究の中から、一定の基準を満たす24の研究を選出し、それらのデータを分析しました。

結果
食物繊維の摂取量が多い場合には少ない場合に比べて、乳ガンの発症リスクが12%少ないという結果でした。 研究チームの計算によると、食物繊維の摂取量が1日あたり10g増えるごとに、乳ガンのリスクが4%下がります。 食物繊維による乳ガンのリスクの低下は閉経後の女性で顕著でした。
食物繊維の摂取量

日本人の食物繊維摂取量は1日あたり12~18gといったところで、50才未満の若い人で摂取量が少ない傾向にあります。

また、「日本人の食事摂取基準」では、成人女性の食物繊維の目標摂取量を1日あたり18g以上としています(男性は20g/日以上)。

したがって、食物繊維を10g/日増やすというのは結構たいへんそうです。