ディジット比が小さく男性的な男性は胃ガンになりやすい?

(2016年9月) "Early Human Development" 誌に掲載された寧夏医科大学(中国)の研究によると、ディジット比が小さい男性(*)は胃ガンになりやすい恐れがあります。
(*) 薬指に対して人差し指が短く、男性のなかでも男性的な男性。
研究の方法

男性の胃ガン患者94人と健常者91人の2D:4D比(ディジット比)を調べて比較しました。

結果
右手についても左手についても、健常者のグループよりも胃ガン患者のグループのほうがディジット比が小さいという結果でした。 腫瘍のステージ(腫瘍のサイズ・リンパ節転移の有無・遠隔転移の有無)や胃ガンを発症した年齢とディジット比との間には関係が見られませんでした。