閲覧以外で当サイトのコンテンツを利用する場合には必ず引用・転載・ネタ探しをするときのルールに目を通してください。

犬を飼っている人は早死することが少ない。 ただし猟犬に限る?

(2017年11月) "Scientific Reports" に掲載されたウプサラ大学(スウェーデン)の研究により、犬を飼っている人は早死することが少ないことが明らかになりました。

研究の方法

スウェーデンに住む40~80才の男女340万人の12年分のデータを用いて、犬を飼っているかどうかと死亡リスクとの関係を調べました。

◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

結果

犬を飼っている場合には飼っていない場合に比べて、死亡リスクが20%および心血管疾患(心臓病や脳卒中)で死亡するリスクが23%低下していました。

一人暮らしの人とそうでない人に分けて分析すると、犬を飼っている場合には飼っていない場合に比べて、一人暮らしの人では33%、一人暮らしでない人でも11%、それぞれ死亡リスクが低下していました。 心血管疾患で死亡するリスクに限ると、この数字は36%と15%でした。

犬の種類別

犬の種類別の分析では、飼っているのが猟犬(テリア、レトリバー、嗅覚ハウンドなど)である場合に死亡リスクの低下が明確である一方で、雑種のワンちゃんの場合には死亡リスクが低下するどころか心血管疾患死亡リスクに限ると13%増加するという結果でした。

◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

解説

上記の結果は世帯収入や性別などを考慮した後のものですが、犬の種類の違いによって反対の結果となったのは、考慮から漏れた要因があるためかもしれません。

今回の研究は観察研究なので、今回の結果だけをもって「犬を飼うことで死亡リスクを下げられる」と言えるわけではありませんが、仮にそうであるとすればその理由は次のようなものかもしれません:
  1. 犬の散歩などで体を動かすことが増える。
  2. 犬の存在により幸福を感じる。
  3. 犬のお陰で人間関係が豊かになる。
  4. 犬が飼い主の腸内細菌に影響する。