「ブロンドの女性は頭が悪い」はやはり迷信だった

(2016年3月) "Economics Bulletin" 誌に掲載されたオハイオ州立大学の研究により、「ブロンドの女性は頭が悪い」という古来よりの言い伝えが間違いであることが明らかになりました。 男女のいずれにおいても、金髪の人が他の色の髪の人よりIQが劣っているということはなかったのです。出典: No Joke: Blondes Aren’t Dumb, Science Says

研究の方法

1958年~1965年生まれの米国人男女 10,878人(黒人とヒスパニック系は除外した)を対象として、1980年に知能テスト(語彙力・文章理解力・数学知識・数学的思考力)を実施し、1985年に自分の髪の毛の本来の色を尋ねました。

結果
女性

金髪の女性の平均IQが103.2だったのに対して、茶髪の女性は102.7、赤髪の女性は101.2、黒髪の女性は100.5と、むしろ金髪の女性のIQは高めでした。

これらのIQの差は統計学的に有意と言えるほどではありませんが、少なくとも「金髪の女性は頭が悪い」という俗説は明確に否定されたことになります。

研究者によると、金髪の女性のIQが高めだったのは育った環境が他の髪の女性よりも恵まれている傾向にあったためだと思われます。

男性
女性と同じようなものでした。