エボラ出血熱が先進国にも飛び火?

(2014年3月) ギネアでは現在エボラが発生中で59人が亡くなっていますが、カナダのサスカチュワン州政府が24日、西アフリカから帰国したカナダ人がエボラ・ウイルスに感染したときと同じ症状を示して入院したと発表しました。

サスカチュワン州政府の担当者は次のように述べています:

「現時点でわかっているのは、エボラが発生している地域からの帰国者が危篤状態にあるということだけです」


エボラ出血熱は、ウイルスの毒性があまりにも強くて感染者がすぐに死んでしまうために、広い範囲には流行しにくいと聞いたことがありますが、少し性質が変わり始めているのでしょうか?