教育を受けるほどにIQが向上する?

(2018年6月) エジンバラ大学とテキサス大学オースティン校の研究グループが "Psychological Science" 誌に発表したメタ分析によると、教育により知能(IQ)が向上することが期待されます。
Stuart J. Ritchie & Elliot M. Tucker-Drob. "How Much Does Education Improve Intelligence? A Meta-Analysis"

メタ分析の背景と方法

知能検査の成績と教育を受けた年数との間に正の相関関係が存在することが知られていますが、教育を受けることで頭が良くなるのか、それとも頭が良いと教育を受ける年数が長くなるのかはわかっていません。

そこで今回のメタ分析では、これまでに行われた次の3種類の研究のデータを分析して教育のIQへの効果を調べました:
  1. 当初の知能を考慮したうえで教育水準と知能の関係を調べた研究
  2. 義務教育の方針が変更されたケースを利用して教育が知能に及ぼす影響を調べた研究
  3. 遅生まれと早生まれとで年齢が同じでも入学する年度が異なるのを利用して、学校に入学する前後(学校で勉強をし始める前と後)で知能を比較する研究

メタ分析に用いられた調査データの数は42で、調査データに含まれる人数は60万人でした。

結果

教育を受ける年数が1年増えるごとにIQが1~5ポイント増加していました。

生涯のどの時点においても、また認知能力のカテゴリー(処理速度とかワーキング・メモリーとか?)を問わず、教育には知能を向上させる効果があるようでした。

研究グループは「教育は知能を向上させるうえで最も堅実な手段かもしれないが、今後の研究でその点を確認する必要がある」と述べています。