ウォーキングのダイエット効果は時間配分により異なる?

(2019年2月) "Obesity" 誌に掲載されたノッティンガム大学などの研究によると、運動時間の配分のしかたによって運動のダイエット効果が異なるかもしれません。
Ameneh Madjd et al. "Effect of a Long Bout Versus Short Bouts of Walking on Weight Loss During a Weight‐Loss Diet: A Randomized Trial"

研究の方法

運動習慣がない18~40才の女性65人に、ダイエット・プログラムの一環として24週間にわたり中強度の運動(ウォーキング)を週に6日行ってもらいました。

65人は2つのグループに分けられ、一方のグループは50分間ぶっとおしで運動を行いましたが、もう一方のグループは25分間の運動を1日に2セット行いました。

結果

中強度の運動を25分間×2セット行ったグループ(SBP)の方が、50分間ぶっとおしで行ったグループ(LBP)よりも体重がよく減っていました。 詳細は次の通りです。
  • 体重: SBP -8kg、LBP -6.4kg
  • BMI: SBP -3.1kg/m、LBP -2.5kg/m
  • ウェスト: SBP -8.8cm、LBP -5.8cm