仕事の生産性を高める休憩の取り方

(2014年9月) the muse という転職の会社(?)の研究により、効率よく仕事をする生産性の高い従業員はきちんと休憩を取っていることが明らかになりました。

生産性が最も高い上位10%の従業員たちは、52分間作業に集中して17分間の休息を取るというパターンで仕事をしていたのです。

17分間の休息時間中には、電子メールをチェックしたり、Facebook を見たり、スマホをいじったりということをしてはなりません。

ヒトの体は数時間も座り続けるように出来ていないので、座り続けていると集中力が失われていきます。 ですので、休息時間中には席を立って歩いたり、同僚と会話したり、軽い体操をしたりするのがよろしい。