閲覧以外での当サイトのコンテンツの利用をお考えの方は必ず引用・転載・ネタ探しをするときのルールに目を通してください。

緑茶の成分EGCGがアルツハイマー病に有効かも

アルツハイマー病などの神経変性疾患には「金属関連アミロイドβ」という脳に存在するタンパク質の凝集が関与していますが、ミシガン大学の研究によると、緑茶に含まれる没食子酸エピガロカテキン(EGCG)に、この金属関連アミロイドβのミスフォールディングを防止する作用があります。

研究グループは実験で、EGCG が銅や、鉄、亜鉛などの金属を含むタンパク質の凝集を防止し、すでに凝集したものは分解することを確認しました。 研究グループは今後、EGCG のこの効果をショウジョウバエで実験する予定です。

キール大学の研究によれば、銅はアルツハイマー病の原因とはならず、むしろ銅不足がアルツハイマー病の原因になる可能性があるとのことですが...

リーズ大学の研究に、緑茶に含まれる EGCG がアルツハイマー病のアミロイド斑を失活させることを示したものがあります。