エスクレオシドAとは

Wikipedia(英語版)によると、エスクレオシドAは配糖体と呼ばれる分子の一種で、2002年に日本人研究者がプチトマトに含まれているのを見つけました。骨粗鬆症予防や抗腫瘍効果などが期待されているほか、マウス実験ではコレステロールの低下に有効(善玉コレステロールを減らさずに悪玉だけを減らす)である可能性が示唆されています。

エスクレオシドAの含有量はトマトの部位や成熟度合いにより異なります。 未熟なトマトよりも成熟したトマトに多く含まれ、トマトの外層部(果皮など)に最も多く含まれています。 またエスクレオシドAは熱に強く、非酸性(pHが7~11)の環境においては225℃までは破壊されずに残るという結果になった研究があります。