EU諸国でいちばん肥満者が多い国は?

(2016年10月) ユーロスタット(欧州委員会において統計を担当する部局)が20日に、2014年におけるEU(欧州)諸国の肥満率を発表しました。 発表によると、EUで18才以上の肥満率がもっとも高いのはマルタで、肥満率がもっとも低いのはルーマニアです。
マルタとルーマニア
マルタは地中海にある小さな共和国で、イギリス連邦に所属しています。 ルーマニアは、東ヨーロッパにある共和制国家です。 ドラキュラ伯爵で有名。
マルタの肥満率(*)は26%、ルーマニアの肥満率は9.4%でした。 EU全体での肥満率は15.9%でした。
(*) 「肥満」とは "obesity" を訳したもので、日本のBMIの分類における1度の肥満(過体重)は含まれません。 1度の肥満の人も含めると、EU全体での肥満率は51.6%にもなります。
トップ5
肥満率上位トップ5
  1. マルタ(26.0%)
  2. ラトビア(21.3%)
  3. ハンガリー(21.2%)
  4. エストニア(20.4%)
  5. 英国(20.1%)
肥満率下位トップ5
  1. ルーマニア(9.4%)
  2. イタリア(10.7%)
  3. オランダ(13.3%)
  4. ベルギー(14.0%)
  5. スウェーデン(14.0%)
教育水準の影響
教育水準が低いほど肥満率が高いという関係が鮮明で、EU全体において教育水準が低い(中卒未満)場合の肥満率が19.9%だったのに対して、教育水準が高い(短大卒以上)場合の肥満率は11.5%でした。