運動が自ずと激しくなる音楽と、運動後の休息の効果がアップする音楽

(2016年7月) ダルハウジー大学(カナダ)の研究によると、運動中と運動後にはそれぞれ別のタイプの音楽を聴くのが有益かもしれません。

研究の方法
12人の男女に、ルームランナーを用いて次の3つの状況で自分のペースで20分間走ってもらいました:
  1. 速いテンポの曲を聴きながら
  2. 遅いテンポの曲を聴きながら
  3. 音楽ではない雑音を聴きながら

走った後には、仰向けになって上記のいずれかを聴きながら20分間休んでもらいました。

結果

運動中には早いテンポの曲を聞いていると、走るペースが自ずと速くなっていました。 走るペースが速くなっているという自覚もないままに、激しい運動を行っていたのです。

運動後の休息中にはテンポが遅い曲を聴いていると、運動により増加した心拍数と血中乳酸濃度が回復するペースが速くなっていました。