運動時間とダイエット効果の関係①

1時間の運動より30分だけの方がダイエット効果が高い

(2012年8月) "American Journal of Physiology" 掲載されたデンマークの研究によると、30分間の運動でも1時間の運動でもダイエット効果に大差はありません。

研究の方法

太った男性60人を2つのグループに分けて、半数には毎日1時間、そしてもう半数には毎日30分間運動してもらいました。 両方のグループに心拍計とカロリーカウンターを身に着けてもらい、汗をかく程度の激しさで運動してもらいました。

結果

1日30分間しか運動しなかったグループの方が、体重の減少幅が大きいという結果でした。 毎日1時間運動したグループで減った体重が2.7kg だったのに対して、30分のグループでは3.6kg減っていました。

仮説
研究者グループはこの結果について、次のような仮説を立てています:
  • 30分と短い時間なのでやる気が出て1時間のグループよりも激しく、そして場合によっては規定の30分以上運動した。
  • 1時間運動したグループはその分よく食べた。

以前にカナダで発表された研究に、一般的に人は運動量を過大評価し運動で消費したカロリー量以上に食べ過ぎる傾向があるという結果になったものがありますが、今回の結果はその研究の結果と合致します。