好きだった番組の再放送を観ると元気が出る

(2012年9月) "Social Psychological and Personality Science" 誌に掲載されたバッファロー大学の研究で、昔好きだったテレビ番組の再放送を見ると友人とくつろいでいるように感じて元気が出るのだと思われます。 この研究では次の2つの実験を行いました:

1つ目の実験
方法

被験者たちを2つのグループに分けて、一方のグループには難しい作文を、もう一方には簡単な作文をしてもらいました。

次に、各グループを2つに分けて一方のグループには好きな番組について作文してもらい、もう一方のグループには部屋にある物を列挙するという無意味な作文をしてもらいました。

結果

1度目の作文で難しい作文を割り当てられた人のほうが、好きな番組について作文を書くのに費やす時間が長くなっていました。 さらに、好きな番組についての作文を割り当てられたグループのほうが元気になって、難しいパズルで良い成績を収めることができました。

このことから、慣れ親しんだ架空の世界に気力を回復する効果があるのだと思われます。

2つ目の実験
方法

被験者に日記をつけてもらい、その日行った難しい作業・使用媒体・元気度を記載してもらいました。

結果
難しい作業をした日には、好きな番組の再放送を見たり好きな映画を見たり好きな本を読んだりする傾向にあることがわかりました。
お気に入りのフィクションの世界に浸っているときには、社交的な努力を要求されることも人間関係のストレスを感じることもなく親しい友人と交流している気分になれるので、本当に気が休まりますね。 欝の原因の1つとして、「大好きなテレビ・ドラマや映画の最終回」が挙げられているのも納得です。