女性の本当のウェスト・サイズは 「本人の覚えているサイズ+5cm」

(2017年12月) "Obesity Science & Practice" 誌に掲載された名古屋市立大学などの研究によると、女性の皆さんのウェスト・サイズがご自分で思っているよりも大きい恐れがあります。

研究の方法

35~79才の日本人男女 7,443人を対象に、身長・体重・胴囲を尋ねるアンケート調査を実施し、その後に身長・体重・胴囲を実際に測定してみました。

結果

身長と体重に関しては、今回の研究で測定された値とアンケート調査で本人が回答した値が同程度でした。

しかし、男性も女性もウェストのサイズに関しては測定値と回答値とが乖離していました。 男性ではウェストの測定値よりも回答値のほうが平均で0.8cm大きかったのですが、女性ではウェストの測定値よりも回答値のほうが平均で5.1cmも小さかったのです。

これはつまり、女性が自分で思っているウェスト・サイズよりも実際のウェスト・サイズのほうが平均で5cm以上も大きいということです。

身長や体重にしても男性のウェスト・サイズにしても、測定値と回答値の誤差はいずれも小数点以下の数字(-0.4kgや-0.06cm)だったのですが、女性のウェスト・サイズだけは桁違いに大きな誤差でした。

解説

女性のウェスト・サイズでのみ測定値と回答値に大きな隔たりが生じたのは、「胴体のどの部分をもってウェストとみなすか」に関する勘違いによる部分もあると考えられます。

アンケートにウェスト・サイズの測り方に関する注意書きがあったにもかかわらず、服のサイズを選ぶときのウェスト・サイズを回答した女性が少なくありませんでした。