仕事時間が長い女性は心臓病・ガン・糖尿病などのリスクが増加

(2016年6月) "Journal of Occupational and Environmental Medicine" に掲載されたオハイオ州立大学によると、1週間あたりの仕事時間が長い女性では心臓病・ガン・糖尿病などの慢性疾患のリスクが増加します。

研究の方法
7,500人ほどの男女の32年分のデータを用いて1週間あたりの仕事時間と8種類の慢性疾患(*)のリスクとの関係を調べました。
(*) 心臓疾患・ガン(皮膚ガンを除く)・関節炎/リウマチ・糖尿病/高血糖・慢性肺疾患(気管支炎と肺気腫を含む)・喘息・抑鬱・高血圧。
結果
女性の場合

女性に限り、30年超にわたり1週間あたりの仕事時間が平均60時間である場合には、糖尿病・ガン・心臓疾患・関節炎のリスクが3倍に増加しているように見受けられました。

慢性疾患のリスクは、1週間あたりの仕事時間が40時間を超える辺りから増加し始め、50時間を超えたところで急増していました。

男性の場合

男性では、仕事時間が長い場合にリスクが増えていたのは関節炎だけでした。 それどころか、1週間あたりの仕事時間が41~50時間とほどほどに長い場合には、仕事時間が40時間/週以下の場合よりも心臓疾患・肺疾患・抑鬱のリスクが低くなっていました。

解説

女性でのみ仕事時間が長いと慢性疾患のリスクが増えていたのは、家事が原因かもしれません。 外で長時間働いたうえに大量の家事をしなくてはならないケースが男性よりも多いと考えられます。

仕事に対する満足感や残業が自主的なものか否かも、仕事時間と慢性疾患リスクの関係における男女差に関与しているかもしれません。