食物繊維ダイエットの効果は腸内細菌で決まる?

(2017年9月) "International Journal of Obesity" に掲載されたコペンハーゲン大学などの研究によると、食物繊維を用いたダイエットの効果に腸内細菌の種類構成が影響しているかもしれません。

研究の方法

腹部が肥満している被験者62人を2つのグループに分けて、一方のグループには普通の食事を、そしてもう一方のグループには食物繊維と全粒穀物を積極的に摂るダイエット用の食事を26週間にわたり続けさせました。

そして、被験者たちの腸内細菌の種類構成を調べて、ダイエット用の食事の効果との関係を分析しました。

結果

ダイエット用の食事をしたグループのうち、腸内に住むバクテロイデス属の細菌(以下「バクテロイデス菌」)に対してプレボテラ属の細菌(以下「プレボテラ菌」)が多い被験者は、普通の食事をしたグループに比べて体脂肪が3.15kg少なくなっていました。

ところが、ダイエット用の食事をしたグループのうち、腸内に住むバクテロイデス菌に対してプレボテラ菌が少ない被験者は、普通の食事をしたグループに比べて体脂肪の減り方に違いが見られませんでした

プレボテラ菌が多い被験者とバクテロイデス菌が多い被験者とでの比較では、体脂肪の差は2.27kgでした。