「最新健康ニュース」のコンテンツを閲覧以外で利用する方は「引用・転載・ネタ探しをするときのルール」をご覧ください。

金銭的なストレスがある人は老けるのが速い

(2016年7月) ブランダイス大学の Margie Lachman 教授らが行い "Research on Aging" 誌に掲載された研究によると、経済的な困窮がもたらすストレスが人を老けさせます。出典: Financial stress takes a toll on appearance

Lachman 教授は次のように述べています:
「経済的に非常に苦労している人は自分の容姿に気を配る余裕が無いという面もあるかもしれませんが、ストレスにより老化が加速します」
研究の方法

200人超の男女に経済的なストレスの程度を尋ね、10年の期間を空けて顔写真を2回撮影しました。 そして、その顔写真を19人の判定者に見せて、200人超がそれぞれ10年間でどの程度老けたかを判定してもらいました。

結果

経済的なストレスを感じていた人が「10年間で大きく老けた」と判定されました。

他の種類のストレスに比べても、経済的なストレスが最も強く見た目(老けっぷり)に影響していました。 この結果は、他の研究で金銭的な悩みが人生におけるストレスの源として最大のものであることが示されているのと合致します。

自己判断はあてにならない
今回の研究では、自分がどの程度老けて見えるかに関しては自分の判断があてにならないことも明らかになりました。 写真を写っている本人に 「他人に自分がどの程度老けて見えるか?」 と尋ねたところ、おしなべて 「判定者が判定した年齢よりも若く見える」 と回答したのです。