ビタミンBの摂取量と太り具合の関係

(2019年3月) "Nutrients" 誌に掲載された横断研究で、(サプリメントではなく)食事から摂取するビタミンBの量と太り具合との関係が調査されています。

研究の方法

ブラジルに住む男女 2,695人(平均年齢36才。男性801人)を対象に、食生活に関するアンケート調査でビタミンBの背首領を調べたり、血液検査をしたりしました。

結果

サプリメントの使用を考慮したうえで分析したところ、葉酸塩の摂取量が最大(511μg/日以上)のグループは最少(408μg/日未満)のグループに比べて、過体重である率が21%、肥満である率が40%低いという結果でした。
  • ビタミンB6B12に関しては、摂取量と過体重/肥満率との間に関係がみられませんでした。
  • 2,695人のうち38%が過体重(BMIが25kg/m以上)、10%が肥満でした。
  • 摂取量不足の人の割合は、葉酸塩が12%、ビタミンB6が6%、、ビタミンB12が11%でした。
  • 葉酸塩の供給源として大きかったのは豆類(23%)でした。 葉酸塩の摂取量が多いと血中濃度も高くなっていました。