閲覧以外で当サイトのコンテンツを利用する場合には必ず引用・転載・ネタ探しをするときのルールに目を通してください。

葉酸塩(ビタミンB9)が豊富な食事をしている女性は2型糖尿病になりにくい

(2017年12月) "British Journal of Nutrition" に掲載された韓国の研究で、女性に限り葉酸塩(ビタミンB9)が豊富な食事をしている人は2型糖尿病になりにくいという結果になりました。

研究の方法

韓国に住む40才以上の男女7千人超を対象に、アンケート調査で葉酸塩の摂取量(*)を調べたのち4年間ほどにわたり2型糖尿病の発生状況を追跡調査しました。
(*) サプリメントによる摂取は含まない。

結果

追跡期間中に319人が2型糖尿病になりました。

男性

葉酸塩摂取量と2型糖尿病になるリスクとの間に関係は見られませんでした。

女性

葉酸塩摂取量に応じてデータを3つのグループに分けた中で摂取量が最大のグループは、摂取量が最少のグループに比べて2型糖尿病になるリスクが40%前後(*)低下していました。
(*) 追跡調査開始時における葉酸塩摂取量と2型糖尿病になるリスクとの関係では43%の低下。 追跡期間中における葉酸塩摂取量の平均値と2型糖尿病になるリスクとの関係では36%の低下。

空腹時血糖異常が見られる女性と見られない女性に分けて分析しても、いずれのグループでも「葉酸塩摂取量が多いと2型糖尿病になるリスクが低い」という関係の統計学的なに有意性は失われませんでした。

葉酸塩が豊富な食品

葉酸塩は、枝豆・そら豆・大豆・しいたけ・まいたけ・芽キャベツ・ほうれん草・ブロッコリー・よもぎ・春菊・アスパラガス・卵・イースト・レバーなどに豊富に含まれています。